カテゴリー別アーカイブ: 海外

中国出張の思い出


2007 年のクリスマス真っ只中に中国の瀋陽に出張に行きました。下の写真は泊まったシェラトンホテルの光景です。ちょうどクリスマスだったのでホテル内もクリスマスっぽい飾り付けがされていました。写真はお菓子で作った街(?)です。

シェラトンホテル
シェラトンホテル

高級ホテルっぽかったので、ホテル内はとても快適でした。ただ、ホテル以外はいろいろと驚きの連続でした。

ちなみに仕事は教育中の大学生の中間試験と答え合わせ、および面接でした。

中国南方航空の恐怖

行きの飛行機の話ですが、まー、揺れた揺れた。あんなに揺れる飛行機に乗ったのは初めてでした。当然、機内食は落ち着いて食べられないし(全部食べたけど)、「もしかしたらたどり着けないかもしれないなぁ」と思ったものです。

その一方まわりの人は平然としてるっぽいので、このルートはいつも気流が乱れるのかなとも思っていました。が、別便で向かっていた親会社の中国の方は「死ぬかと思いました…」と言っていたので、乱気流を避けるのが面倒くさかっただけなんじゃないかと今でも考えています。

極寒の瀋陽で元気に遊ぶ若者

冬の瀋陽は寒い寒いと聞いていたので、ユニクロでヒートテック一式(シャツ、靴下、モモヒキなど)を買っていきました。で、下にはそれを着て、冬服を着てその上にはさらにコート、マフラー、手袋、マスクなどを着込んだのにも関わらずそれでも寒い!

当然ながら雪もあるし、路面は凍っているので歩くのもけっこう注意が必要です。が、そんな中でもバスケに興じている学生たちに驚愕。しかも T シャツ(だったかどうかは記憶が怪しいが、少なくとも厚着はしていない)で。これにはちょっと勝てないと思ってしまいました。

パンチのない味

食事時には大学内の食堂に行きました。中華料理といえば脂っこくて味も濃いみたいなイメージがあるので、そんな料理や味を考えていたのですがぜんぜんそんなことはありませんでした。

それというのも現地のアテンダントがイスラム教徒だったらしく(実は中国には意外とイスラム教徒が多いらしい)、イスラム教徒でも大丈夫な食事を出してくれる食堂だったためです。料理自体に肉が入ってないのはもちろんですが、ダシにも使えないため味にパンチがないこと!

そうはいっても他の食堂に行くというわけにもいかず、主にその食事を堪能することになりました。…脂っこい食事は苦手なんですが、何だか食べた気がしなかった覚えがあります。

てんこ盛り

出張中は主に大学内にいたのですが、外気温が低いので室内でもけっこう寒く、どうしてもトイレが近くなってしまいます。で、トイレに行ってふと個室に目をやると信じられない光景が!便器にはうずたかく積もった○ンコが!しかも、すべての個室に!日本でも災害時にはこういったことになるとは聞いていましたが、ここでは毎日でした。

日本に帰って中国生活が長かった方にどうするのか聞いたところ、「あぁ、頂上を避けてするんですよ」とのこと…。

あの光景を見た時に「○ンコ盛り」というしょうもない言葉が頭に浮かびました。